ブログトップ

岸田屋★小酒屋どぶろく記

kishidaya.exblog.jp

いつまでたっても半人前。極めたし酒の道・・・

カテゴリ:食道入門( 11 )

e0202150_14542667.jpg

お待たせいたしました。

じつらく吟醸枝豆(黒大豆)1袋200g 入荷!

菊姫が酒米として使用している山田錦。

特A地区に指定されている兵庫県吉川町で

この時期2週間だけ出荷される幻の黒大豆枝豆です。

(入荷品はより鮮度を保つパッケージ入りです。)


e0202150_1222699.jpg








薄皮が黒く、見た目はけっして綺麗ではありませんが、

豆の甘みと香りが調和した濃厚な味わいです。

(豆袋が黒ずんでいるほうがより濃厚で美味しいです。)

生産者の皆さんはこの吟醸豆を少し柔らかめに煮て

食べられてますが、そのほうがより甘みを感じて

美味し~い!!
 


e0202150_15494696.jpg


通常に煮る場合は、茹でたてより少し冷めた頃が

味がなじみより甘さが際立ちます。お好みでどうぞ!

特A山田錦の生産者の皆さんが作る吟醸枝豆(黒大豆)と

その最高級の山田錦で醸される菊姫と一緒に・・・

さらに旨し!!★★★
 


是非一献
お試しくださいませ。

[PR]
by sake_kishidaya | 2014-10-11 16:38 | 食道入門
お待たせしました。年間たったの2週間しか出回らない、

希少で美味しい枝豆「吟醸枝豆」

本日より限定販売開始! 200g  350円也


詳しくは≫こちら

e0202150_1549962.jpg




iPhoneから送信
[PR]
by sake_kishidaya | 2013-10-15 15:49 | 食道入門
「寿司 中川」さんで夜遅くまでお勉強した翌朝一番、
丸尾さん(悦凱陣蔵元)の運転で徳島県へ向かう。
目指すは徳島が誇る日本料理の聖地
「虎屋 壺中庵」さん。
e0202150_23264285.jpg

今回はお酒と料理に精通するこの方
のリクエストで4度目の再訪決定。

虎屋さんのご主人(岩本さん)は京都「嵐山吉兆」で
最も良き時代に腕を磨かれた、その道で有名な方です。
5月のお節句にちなみこの様なおもてなし…
e0202150_8161096.jpg

素材の自然な旨みをより繊細に引き出した
心和らぐ素晴らしいお料理です。
e0202150_8143540.jpg

この日の料理に合わせるお酒!
酒関係者ならではの・・・
これが人間の贅沢です。
素人故お料理のコメントは控えさせて戴きますが、
下記画像をご覧ください。
e0202150_8195914.jpg

e0202150_8275749.jpg
e0202150_8293172.jpg
e0202150_8301317.jpg
e0202150_8303923.jpg
e0202150_831458.jpg
e0202150_8313697.jpg
e0202150_832411.jpg
e0202150_8322540.jpg
e0202150_833118.jpg

お料理ごとに巨匠のマシンガントーク明快なお料理解説を聞いていながら
あまりの美味しさに、撮り忘れの画像多々…(汗)(汗)(汗)

TV情熱大陸に出演された、日本一有名な鳴門の漁師「村 公一」さんも慕う、岩本さんの料理!

まさに滋味の極至。恐るべし、虎屋 壺中庵!
素晴らしいお料理、ありがとうございました。
幸せな食中酒勉強を堪能させていただきました。

残念ながら…
当日夕方前には帰路の高松空港へ再び戻る
タイトなスケジュールのため一切の寄り道はできない・・・

旭若松の那賀酒造様、近くまで来ていながら時間の関係でお邪魔できずにご免なさい。
 ここ徳島にはご家族三人で究極の酒造りに挑む、全国屈指の素晴らしい地酒があります。次回是非!!

虎屋 壺中庵
TEL 088-679-2305
徳島県名東郡佐那河内村上字井開6-1

那賀酒造 有限会社
TEL 0884-62-2003
徳島県那賀郡那賀町和食字町35

虎屋さんのお料理に関しましては・・・
いろんなメデイアで「食レポ」が掲載されておりますので、そちらをご覧ください。
おすすめは・・・こちら>>古川修さんのブログをご参照くださいませ。

今回も「悦凱陣」蔵元の丸尾忠興社長に車でお連れ頂き、虎屋 壺中庵さんの素晴らしいお料理を
勉強させていただくことができました。いつもありがとうございます!(感謝)

悦凱陣醸造元 (有)丸尾本店
0877-75-2045
香川県仲多度郡琴平町榎井93

そして今年の悦凱陣蔵見学ツアーではいつもお世話になっている・・・
澤屋まつもと企画室長の松本庄平様
秋元商店さんの秋元英二様
料理を創る達人こと、だるまやさんの大川原正幸様

「食」と「酒」のプロフェッショナルな方々とご一緒させていただき、本当にありがとうございました。
今回も大変勉強になりました。!この場をかりて改めて御礼申し上げます。
[PR]
by sake_kishidaya | 2013-05-27 22:18 | 食道入門
金沢おでんに魅了され・・・
3月某日、地元長津田の商店街仲間4名と保護者1名で遠征し、おでんで一杯。

場所は横浜市内の希望ヶ丘にある、知る人ぞ知る「澤屋まつもと 酒道場」
当店でもお世話になっている京都伏見の銘酒「澤屋まつもと」をプロデユースする松本酒造(株)の三男。
食通であり、ちまたで幻の料理人とも囁かれる松本庄平さんが腕を奮うおでん屋さんです。

ちなみにビールもありますが・・・もちろんお酒は「澤屋まつもと」オンリー。
「食」を通して日本酒の美味しさや文化、そして「澤屋まつもと」の素晴らしさを発信する
松本庄平劇場(食いしん坊のハートを射止めるマシンガントーク炸裂)のアンテナショップです。
e0202150_13354947.jpg

取りあえずビールをお願いしますが、「赤星」と「SPドライ」中瓶を1本ずつで切り上げ、
早々に澤屋まつもと 純米の燗酒でスタート。実は地元界隈は最近「燗酒ブーム」
みんな燗酒を飲むつもりで気合充分。(汗)
スタートからいきなり乾杯の嵐!!
e0202150_13363016.jpg

先ずは酒徒の心をくすぐる「先付け」の画像をパチリと一枚。一応ブロガーですから。(笑)
右から・・・スッポンの卵と何??そして??と??と??(汗)
e0202150_1337453.jpg

そして「ウエルカム スープ」として庄平さんに出されたこだわりの「おでん出汁」
ひとくち含むと上品で優しい味はお吸い物や海鮮の鍋ものを連想させる・・・繊細で綺麗な味。
この酒道場の開店当初のお出汁よりもグッと味は抑え気味な印象?で画像追加。
e0202150_13375030.jpg

おでん懐石(3,000円コース)のはじまりは・・・
まわりのお客様に迷惑がかからぬ様に写真をパチリ。
e0202150_13381575.jpg

おでんを一口、そして燗酒をグビツ。食べ終わると出汁が美味しく、
その都度椀のスープごとを完飲。そして燗酒をグビツ!!
e0202150_1339020.jpg

吟味されたおでん種を食べるペースを見計らって、庄平さんが一品ずつ椀に入れてくれます!
e0202150_13393738.jpg

そしてまたおでんを一口、そして燗酒をグビツ!
おでんもお酒もエンドレス・・・まるで椀子そば状態。
e0202150_1341121.jpg
e0202150_13404224.jpg

食べるのと飲むのに忙しくなるといつの間にか画像なし、カメラも放置状態??
食べたものさえ忘れる自分はブロガー失格、

わ〜  わ”〜〜 わ”〜〜〜〜〜!
澤屋まつもとの写真撮るのも、デジカメ持ち帰るのもわすれてもうた~。
e0202150_142821.jpg

庄平さん m(_ _)m
_| ̄| . . . . . .. ... .... 〇 コロコロコロコロ
[PR]
by sake_kishidaya | 2012-03-27 00:49 | 食道入門
e0202150_1195050.jpg

2月某日夜・・・
金沢駅東口前、都ホテル地下1階にある郷土料理「白山茶屋」にて。

前からず~と行ってみたかったサラリーマンのオアシス「白山茶屋」
念願かなってやっと訪問できました。

お楽しみ・・・お酒のアテは??
絶対食べてみたかったベスト5をチョイス!!
写真下より
どじょうの唐揚げ
すじ肉煮込み
金沢おでん
地物烏賊の丸焼き
&すでに完食の・・・名物ブリ大根(汗)

このお店、日本酒の取扱銘柄は店主が惚れ込む加賀菊酒「菊姫」のみ!
メニューには晩酌好適酒<姫>から大吟醸までフルラインナップでお楽しみいただける
菊姫ファンにはありがた~いお店です。
入店時、カウンターは満席。お座敷も大勢のサラリーマンの方々で超盛り上がってましたが、
ご無理を言って私達2名分だけ席を空けていただきました。(汗)

皆さん賑やかであちらこちらでチロリが飛び交ってました。
私も真似して菊姫<菊>の燗酒で。
アルミのチロリで出される燗酒の旨いこと。。。
しっかりと甘塩っぱい味が浸みこんだブリ大根と合います!

初めて食べます、どじょうの唐揚げ。香ばしくって美味し~い。もう一杯!!
そして話題の金沢おでんを一口・・・
お出汁は関東風でもなく関西風でもない金沢風?のやさしいお味!
やさしいお出汁のおでんと燗酒。はまります!!オイチ~イ♪♪
トロ~リ柔らかいすじ肉煮と熱燗も美味!!・・・で・・・さらに一杯(笑)
大きくってプリップリの地物烏賊丸焼きも食べ応え十分!!
石川県っていいね~♪ シ・ア・ワ・セです。

菊姫<菊>は・・・
昔ながらの山廃酒母で醸されており、色や味・香りが濃く、飲み応えのあるお酒です。
冷やでも燗でも燗冷でも旨い、晩酌に最適なお酒!!(菊姫の東京支店長 晩酌愛飲酒)
・・・なんて考えながら最後は燗冷ましで・・・いつのまにか爆睡。。。

北陸の酒・魚・肴って本当に旨いですね。。。満福です。
美味しいお料理とお酒、ありがとうございました!

【郷土料理 白山茶屋】
住所
〒920-0852
石川県金沢市此花町6-10
金沢都ホテルB1

営業時間
16:00 ~ 21:20
(ラストオーダー 21:00) 日曜日定休

TEL
076-264-7428
※予約以外のお問合せは、昼12時以降に店舗へ直接ご連絡下さい
[PR]
by sake_kishidaya | 2012-03-15 11:09 | 食道入門
お待ちどう様、今年もやって参りました。年に一度の入荷品。!
e0202150_19415672.jpg

エッ?画像が豆粒みたいに小さい??
しからばこれは・・・
e0202150_1943521.jpg

もっと鮮明な画像?
e0202150_19454337.jpg

これでどうでしょ!!
e0202150_19485276.jpg

おわかりいただけましたか??
大きな接写画像ですが・・・やっぱり「豆粒」(笑)
大好評の美味しい吟醸枝豆。 個人的にも大好きで、今年もお取り寄せしました。!
詳しくはこちらで>>
Soy Good!!
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-10-15 19:52 | 食道入門
私の個人的キーワードで大変申し訳ございませんが、
讃岐と言えば・・・
丸尾本店さん>凱陣>うどん>グルメ>高松F酒店さん>寿司 中川さん>丸尾本店さん・・・という、
美味しい食物連鎖に頭と身体が即反応してしまいます。

いつもなら「凱陣」という…お酒の素晴らしさをお伝えするところですが、
今回は上記キーワードにランクインされる「寿司 中川」をご紹介させていただきます。
なぜなら中川さんの寿司や魚料理は・・・
凱陣を美味しく飲むために創作されているのか?・・・と想うほど
「料理と酒」の見事なマリアージュと凱陣という酒に惚れ込んでいる愛情を感じるからです。
我々酒屋も店主の志に共鳴する見事なお店です!2010年8月リニューアルオープン。

寿司 中川さんには2005年頃から「凱陣」蔵元の丸尾さんをはじめ地元高松のF酒店さんや、
いつもご一緒させて頂く熱烈な「凱陣フリーク」の酒屋さん達と一緒に毎年お世話になっております。
いつも大盛況でなかなか予約が取れない繁盛店ではございますが・・・
今年も丸尾さん、横浜A商店さんと凱陣ファンのお客様2名、そして私の計5名で
お邪魔させていただきました。(感謝)
それでは中川さんの寿司と凱陣のマリアージュ
「2011寿司 中川 春コレ」をどうぞご笑見下さい!

画像の凱陣はほんの一部です。その後ろで瞬間移動しているのがMrノリック店主の中川紀雄さん。
流れるような手さばきでカウンターのお客様の目と舌を楽しませてくれます。
昨年改装され見事な白木の一枚カウンターで一貫入魂の舞いを披露する店主!
e0202150_19354633.jpg

まずは・・・
フグ湯引きポン酢に凱陣 オオセト18BYと丸尾さんが持参した16BY秘酒。
e0202150_19271375.jpg

海で獲れた濃厚な味わいのサツキマス刺身をぬる燗で・・・
e0202150_19314886.jpg

そして再びサツキマス(アマゴ)焼き物に合わせて楽しみます。・・・
e0202150_19375526.jpg

富山産ホタルイカ、北海道産ウニ、霜降り馬刺しウニ巻きの豪華三点盛り。
ここで凱陣 亀の尾 登場!最初は18BYのち14BY?馬刺しが口中で溶けます。
e0202150_19445434.jpg

熟成度合いや飲温で表情がガラリと変わりますが・・・
ウニと亀の尾ファンタスティック!(中川風)
e0202150_19394590.jpg

喜んだのも束の間、手渡しで頂いた山もりウニ軍艦巻き、一口で完食のため早くも画像無し(涙)
お手付き1回、アウト!
e0202150_19504557.jpg

そしてEXバージンオリーブオイルにレモンを搾った赤酢のシャリで・・・
店主から手渡しされる手のりイカ。ここから中川ワールドのはじまり、はじまり・・・
私の陸っぱり烏賊釣り師魂にも火がつきます!(笑)
e0202150_13415141.jpg

そして16BY秘酒&14BY亀の尾とプリップリッな車海老にぎりの饗宴。
e0202150_1347037.jpg

肉厚アワビとアスパラの肝ソース和えに讃州山田18BYを合わせ・・・
e0202150_14252691.jpg

続いてそのデミ肝'sソースにシャリを投入し、赤酢のシャリリゾット完成!!
ここでまた・・・画像無し(涙)アル酎ハイマー??反省・・・じっと手見る。。。
お手付き2回目!
e0202150_19504557.jpg

マグロ贅沢四昧!
先ずは熟成させた赤身のにぎり、中川スペシャル。
e0202150_15392647.jpg

続いて大トロを一口、旨みの余韻を楽しみながら讃州山田錦で口中をスッキリと。
e0202150_1542616.jpg

純米吟醸 興 14BY古酒の絶品な柔らかさ!原料米:八反錦
ここで中川語録登場・・・
「錦系はマグロに合います!!」納得。
e0202150_15433041.jpg

しっとりと上質の脂が美味、中トロ炙り。
e0202150_15384713.jpg

なぜマグロにタクアン?と思っていたら、酒に合います旨いです。トロ沢庵!(汗)
e0202150_15422829.jpg

この頃よりオオセト、神力、山田錦、雄町、亀の尾、八反錦etc
中川オリジナル熟成酒の燗酒が飛び交い、
丸尾ワールドも全快に!!
金目鯛の柚子胡椒&ポン酢。
e0202150_13432569.jpg

福井産サクラマスの蒸しにぎり。
e0202150_18374584.jpg

旬のサヨリ。
e0202150_1558639.jpg

サヨリを湯引きで。
e0202150_15582549.jpg

優しさと強さを兼ね備える低濃度 純米吟醸14BY
e0202150_15595441.jpg

純米吟醸 讃州山田錦 18BY
e0202150_15591177.jpg

上品な小豆島のキス!
e0202150_1613372.jpg

白菜ぬか漬けに柚子胡椒を古酒に合わせ・・・
e0202150_1615953.jpg

マナガツオをにんにく醤油で!
e0202150_13443347.jpg

温かいアサリの味噌汁がお酒を飲んだ身体にとっても優しく美味しい。。。
e0202150_1631193.jpg

懐かしい山廃純米 赤磐雄町 15BY 1000kg仕込み。美味ご満悦!
e0202150_1644265.jpg

丸尾さんリクエスト!和三盆を使った上品な甘さの玉子。
e0202150_1121822.jpg

もう腹一杯!〆はさっぱりと茄子で。。。
e0202150_164462.jpg

デザートはオレンジシャーベット+凱陣??を一振り・・・よく混ぜてOK!!
e0202150_114524.jpg

一振りするのは超贅沢な希少酒!17BY純米大吟醸 しずく酒。完璧!!
e0202150_1611938.jpg

これが噂の白木の一枚カウンター!命!!
e0202150_1694122.jpg

寿司 中川 店主の中川紀雄さんをはじめスタッフの皆さん。大変美味しゅーございました。
みんな静かに黙々と食べるのでご心配お掛けしましたが・・・
本当に美味しいものを食べたり飲んだりすると人は無口になるんですね。(笑)
寿司 中川と悦 凱陣、まさに身土不二!
今年も大変お世話になりました。この場をかりて厚く御礼申し上げます。
e0202150_16101917.jpg

♪中川良いとこ~一度はおいで♪
店名 寿司 中川
住所香川県高松市御坊町10-7
TEL087-821-4222
                    
店主が蔵元へ毎年通い、厳選した「悦 凱陣」
今年も目が離せません!是非一献!!

[PR]
by sake_kishidaya | 2011-04-25 02:14 | 食道入門
e0202150_025043.jpg
今日は石川県から届いた話題の…
「まつや」さんのとり野菜みそ「辛口」で家鍋!
鶏肉と野菜はたっぷり…
今回は「かぼちゃ」と「ほうとう」を入れてみましたが、
なかなか美味しい…くせになる味です。

どんなお酒が合うのか?
一人乾杯!只今検証中。。。半人前@小酒屋
[PR]
by sake_kishidaya | 2010-10-21 00:02 | 食道入門
e0202150_12212664.jpg
お待たせいたしました。
じつらく吟醸枝豆(黒大豆)1袋210g 入荷!
(パッケージは実際と異なります。)
菊姫が酒米として使用している山田錦。
特A地区に指定されている兵庫県吉川町で
この時期2週間だけ出荷される幻の黒豆です。
(入荷品はより鮮度を保つパッケージ入りです。)

e0202150_1222699.jpg
薄皮が黒く、見た目はけっして綺麗ではありませんが、
豆の甘みと香りが調和した濃厚な味わいです。
(豆袋が黒ずんでいるほうがより濃厚で美味しいです。)
生産者の皆さんはこの吟醸豆を少し柔らかめに煮て
食べられてますが、そのほうがより甘みを感じて
美味しいです! 


通常に煮る場合は、茹でたてより少し冷めた頃が味がなじみより甘さが際立ちます。お好みでどうぞ!
e0202150_12391699.jpg
特A山田錦の生産者の皆さんが作る吟醸枝豆(黒大豆)と
その最高級の山田錦で醸される菊姫と一緒に・・・
さらに旨し!!★★★ 
是非一献 お試しくださいませ。
[PR]
by sake_kishidaya | 2010-10-18 12:58 | 食道入門
e0202150_19222567.jpg
どこの家庭にも「我が家の味」があり、常備している食品が
あると思いますが…我が家の味噌汁の「みそ」はこれです。
秋田県.能代市万町1-8 山下醸造店謹醸。
秋田の名工に選ばれる山下清一さんが丹精込めて造る、
秋田丸大豆使用 天然熟成「能代」初音みそ!
原材料は大豆、米、食塩、酒精。米みそですね。

秋田の銘酒「能代」を醸す、喜久水酒造の社長さんが
「とっても美味しい味噌です!」と紹介してくれたり、
神の舌を持つ友人の酒屋さんからもお薦め頂いた味噌です。

以前、当店では量り味噌で信州や仙台、赤みそや白みそetc
を販売しておりましたが、最初は自家用で食べていた
この「能代みそ」をお客様にご紹介する様になってからは、
徐々にこの味噌の人気が高まり、お取り寄せ品から商い品に。。。
そして他の量りみそよりなぜか売れ続け1番人気に!
とうとう他のみそを置く必要が無くなってしまった…
というエピソードがあるお味噌です。

初めて食べる方は、何でこれがそんなに美味しいの??
っと思いますが、二度三度と食べてみると…この旨さが解ります。
この「能代みそ」で作る味噌汁は具材など素材の旨みを
上手に引き出す美味しさがあり、毎日飲んでも飽きない味!!
そんな我が家の常備品「能代みそ」

一杯飲っか?・・・半人前@小酒屋
[PR]
by sake_kishidaya | 2010-10-14 19:43 | 食道入門