ブログトップ

岸田屋★小酒屋どぶろく記

kishidaya.exblog.jp

いつまでたっても半人前。極めたし酒の道・・・

カテゴリ:蔵元放浪記( 15 )

讃岐と言えば・・・2013
讃岐の名酒悦凱陣(丸尾本店)さんへの蔵訪問の際、
いつもお邪魔させていただく、高松のふくしま屋さん

お酒屋さんながら料理の腕もプロ級の巨匠!
魚釣り、野菜造りなど趣味も多彩…とは聞いてましたが、
今年はこんなご趣味を拝見することに・・・
e0202150_13315841.jpg

讃岐漆芸を代表する漆芸家、豊澤英之先生
作品の数々です。
e0202150_13331525.jpg

酒器の話から…瓢箪から駒。
今回は巨匠の顔で豊澤先生のご自宅へ
いきなりの訪問。思い立ったら「即」じっとしていられない巨匠たち。(笑)
e0202150_1334865.jpg

巨匠と先生とは20年以上にわたりおつき合い
されており、なんと釣り好きと判明。(嬉)
とっても温厚な方です。息子さんも後を継ぎ…
e0202150_13354754.jpg

こんな貴重で高価な讃岐漆器で…
ちょっと緊張。飲み終わると素晴らしい「乱彩」模様が。
美味しいコーヒーご馳走さまでした。!
e0202150_13361896.jpg

どれも凄い作品、素晴らしい!!
日展にも出品され、何回も入選されているそうです。
この豊澤英之先生の作品を
ふくしま屋さん、どっさりと。(笑)
e0202150_13403243.jpg

e0202150_13383011.jpg

この屏風、お友達価格でもウン百万円。
今お借りして毎日眺めていられるとか…
一本いっとく??
さすが巨匠。

うどんだけじゃな~い。讃岐!
讃岐の名物、また一つ発見!感謝


































.
[PR]
by sake_kishidaya | 2013-05-26 08:25 | 蔵元放浪記
讃岐といえば・・・2013その壱からの続き・・・
e0202150_23222547.jpg

シャコの爪もいいね。
e0202150_23313860.jpg

このお店では珍しいお酒も一緒に。
e0202150_2339425.jpg

サクラマス酒蒸しは・・・
優しい味わいと驚きの旨み。やられました。!!
e0202150_23485448.jpg

寿司 中川の鉄板メニュー!
蒸しアワビの肝ソース和え。
アワビが柔らかくて濃厚な肝ソースとの相性抜群!
e0202150_02396.jpg
 
赤酢のシャリを一貫まぜて・・・
数々の有名人も絶賛!
中川名物「アワビのシャリ ゾット」の完成です。
アワビを思い出す~この店に来るたび~♪山手のドルフィンか?
ユーミンも感動!★★★です。!!(笑)
e0202150_892535.jpg

ここで18BY興そして心に残る14BY山廃讃州雄町登場!
絶妙な燗で酒が蘇ります。一燗入魂。
e0202150_082866.jpg

これぞ酒の肴、瀬戸内のバチコ。
三味線のバチに似ているからこの名が付いたとか・・・
肴も酒も良い感じ。
見よ無ろ過生原酒、常温熟成の証!
e0202150_0158100.jpg

疲れを癒してくれる10年熟成酒。
ぬる燗が身体に染み入る美味しさ。
e0202150_0535160.jpg

アレ?少し食べちゃったかも・・・
カレイのえんがわ、酒が旨みを増幅します。
e0202150_174339.jpg

恐るべし観音寺の赤貝。最高です。
e0202150_111434.jpg

繊細な味わいのサヨリ。
e0202150_1124423.jpg

今が旬、瀬戸内の桜鯛。
e0202150_18123563.jpg

お酒がすすむ、みる貝、試してみるかい?
しょ~も無いギャグ・・・酔ったかも?一人つぶやく。

e0202150_1824275.jpg

中トロを塩で・・・ピンボケm(_ _)mやっぱり酔ってます。(汗)
e0202150_18263048.jpg

シャリにワサビを入れただけ・・・
さっぱりと涙巻き。画像の焦点が合いません。(涙)
e0202150_18284414.jpg

おっとこれは食べとかなきゃ。
上方日本酒ワールドでも絶賛。
中川名物!讃岐和三盆の玉子焼・・・
優しい甘みと、しっとりきめ細かな玉子。
お酒の後の赤だしがほっとさせてくれます。
e0202150_18535346.jpg

いよいよデザートの準備です。
悦凱陣 純米吟醸 讃州山田錦が登場!
それも14BYのしずく酒です。
e0202150_1902540.jpg

貴重なお酒を・・・
アイスクリームにかけて。
いっただきま~す。♪
至福の悦び!
e0202150_21342017.jpg

美味しい寿司、ご馳走様です。
貴重なお酒もありがとう!
瀬戸内の海の幸を堪能させていただき、
感謝!!
うるさい旨いものに目が無いお客様のお相手、
お疲れ様でした。けっして立ったまま寝てる?のではありません。
店主の中川さん、疲労困憊。(汗)
なぜでしょう??
   ↓↓↓

e0202150_21344339.jpg

今回は横浜からこのメンバーでお邪魔致しました。
集合写真なのに「食」のひらめき?
食べる時、飲む時以外は・・・
じっとしていられない巨匠。
ここでもか!(笑)
なんとも個性的な人達。。。(一人を除く)
ご一緒させていただき、ありがとうございました。


今回もお酒と寿司の合わせ技、
チーム横浜で勉強させていただきました。感謝


































[PR]
by sake_kishidaya | 2013-05-14 00:02 | 蔵元放浪記
今年も旨い酒を求め・・・
香川の銘酒「悦凱陣」を醸す丸尾本店さんに
行って参りました。

2013年4月の讃岐珍道中!
昼の部、先ずは酒のお勉強。
一限目講師 丸尾忠興氏「無ろ過生原酒の神髄」
e0202150_1391894.jpg

あれ?拡大したら画像ぶれぶれです。
腕が悪い?もしかして・・・
じっとしていられない巨匠たち?(笑)
e0202150_13221238.jpg

600k~1tの小仕込みで丁寧に醸される
無ろ過生原酒の逸品をきき酒させていただき、
今期取扱い酒の参考に。

山廃良し、吟醸良し、アレもコレも欲しくなる(汗)
この蔵に来ると、いつも新たな発見が・・・
蔵元訪問、以前の回想>>GOGO

酒徒垂涎の希少地酒、悦凱陣。
今年もご期待ください。

そして、お待ちかね、夜の部。
e0202150_14184361.jpg

これはお馴染み、隠れ家的な?
的な・・・「寿司 中川」さんの店頭。
e0202150_14282157.jpg

二限目講師 寿司と凱陣のナビゲーター
中川紀雄氏「酒と魚の熟成考察」

あれ?なんでこのお酒が・・・
だけじゃ無~い、凱陣(ガイジン)!!
e0202150_14365816.jpg

伊吹島産 わたり蟹。旨し!
待ちきれない食いしん坊(誰?)のため
澤屋まつもとを常温で。
&凱陣のおまかせ燗を。
e0202150_1502873.jpg

丁寧な包丁さばきで、もっちりサックリ食感の
甘~いアオリイカ。天然塩と山葵で。
e0202150_1516045.jpg

肉厚プリツプリのシャコと
中川スペシャル「おまかせ燗」がよく合いますね~。
寿司に「おまかせ」はありますが、
ここでは基本的に燗の銘柄&温度もおまかせ!
旨し!!
続きは讃岐といえば・・・2013その弐で。
Coming Soon


おっと・・・それまで待てない方は取りあえず・・・
「2011 寿司中川 春コレ」をどうぞ!GO(笑) 

[PR]
by sake_kishidaya | 2013-05-13 13:54 | 蔵元放浪記
e0202150_18584123.jpg

四恩醸造の葡萄畑なう。
今日の作業は、誘引です。@家内

ところで誘引って・・・なに?(笑)
ぶどうの枝は、そのまま放っておくと好き放題にあちらこちらへ伸びていってしまいます。
ぶどうの葉はご覧のとおり大きいですし、自然のままではうまく陽に当たらない枝葉も出現してしまいます。
そこで、どの枝にも均一に陽が当たるよう、枝を優しく折り曲げ、ワイヤーなどでくくりつけます。
この作業のことを「誘引(ゆういん)」と呼びます。
なるほど・・・
情熱のワイン造りは先ず畑作りからですね。053.gif
小林さん。今年もセンス良い、美味しいワイン造ってください!

陽の当たる・・・か。。。
そのような場所には縁がございません。(涙)
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-06-24 13:58 | 蔵元放浪記
出雲と言えば・・・縁結びの神様で有名ですが、
今回は出雲のお宝発掘ツアーということで、我々は先ず出雲空港へ向かいます。
なぜ??空港??
神々が舞い降りるからです。 (汗)
巷では「日本一○△■な酒屋」とか「無ろ過生原酒の神様」とか呼ばれ、
超有名な・・・東京のMH酒店さんご夫妻。
いつもお世話になっております。。。

当日出雲空港付近では天侯状態が悪くて降りられず、
もしかすると伊丹空港着になるかもしれない??との神のお告げが入ったため、
我々も到着予定時間少し前に出雲空港へ着き、離着陸が見えるレストランで
お茶を飲んでいると、だんだん天侯が悪く視界が悪化してゆくように見えます。
もしかするとまた伊丹着??(実は昨年、我々も高松空港着が急遽伊丹着に・・・)
なんて話をしておりますと・・・視界が悪いためいきなり着陸態勢で入ってくる一機あり。
タッチ&ゴーで再び空へ??と驚きましたが、無事に止まりました。
到着ロビーから笑顔のMH酒店ご夫妻登場。よかった~(嬉)
さすが縁結びの神様が宿る地です。

さて、いよいよ出雲のお宝「十旭日」を醸す、旭日酒造さんへ
e0202150_22364888.jpg

旭日酒造さんは駅前商店街のアーケード内にあります。
e0202150_22381973.jpg

いざ!
e0202150_22384651.jpg

出雲情緒ある店内風景
e0202150_2241111.jpg

あの冷蔵庫にも気になるお酒が・・・
e0202150_22424880.jpg

            残念ながらこの先
 

             蔵内の画像は


             アップ不可


             との事ですので


             ご容赦下さい。


ですが・・・蔵の模様はこちらから>>>【蔵っ子日記】

22BY新酒の試飲風景(お宝鑑定)はこんな感じ?
e0202150_2393558.jpg

今年も30本以上の仕込みを終え、その中から蔵元兼杜氏・副杜氏の寺田ご夫妻が
厳選したスペシャル酒を10本試飲させていただきました。
仕込み番号やスペックなどの詳細は極秘となりますが・・・
今年はどこの蔵元も「米」の旨みが出しにくく熟成向きのお酒が多い中、
大健闘の十旭日(ジュージアサヒ)。素晴らしい仕上がりのスペシャルな・・・
お宝酒発見! どうぞご期待下さいませ!

お酒談義に夢中のあまり寺田さんご夫妻他、人物画像が一枚も無い??(謝)
          m(_ _)m↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓m(_ _)m
今年もGWに旭日酒造 試飲販売会 in 東京が催されますので
皆様のご来場をお待ちいたしております。

この後、MH酒店ご夫妻は更なるディープな試飲で残られるため、
丸尾さんを含め我々3名は旭日酒造さんを後にして一路高松へ。
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-04-23 14:00 | 蔵元放浪記
高松空港到着後、凱陣醸造元丸尾本店の丸尾さんと一緒に・・・
そのまんま  西へ??神々が舞い降りる出雲へ3名でドライブなう。
e0202150_17121090.jpg

丸尾さんの愛車マツダ アテンザ 6速ミッションで高速クルージング。
6速車なんて初めて乗りましたけど・・・高速でも安定感があってとっても快適!
ナビはヨーロッパの道を知りつくすほど車好きの丸尾さん、
ドライバーは巷で「ロータスの狼」と呼ばれるAさんの豪華ペア。
私はオートマチック限定免許&落葉マーク運転者(笑)のため後部座席で監督 見学。
e0202150_10594958.jpg

写真は米子自動車道蒜山サービスエリアにて(雪景色の大山)
四季それぞれが美しく魅力的な蒜山高原は西の軽井沢とも呼ばれ、
美しい大山や蒜山三座(上蒜山・中蒜山・下蒜山)を一望できます。

目指すは???アサヒのあたる蔵!
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-04-19 10:59 | 蔵元放浪記
2011/04/19
ANA531 羽田空港発 07:25  高松空港着 08:40
いつもお世話になっている横浜 A商店さんと一緒に
毎年恒例、「四国のお宝発掘ツアー」へ出発!
e0202150_745092.jpg

でも今回はチョッと欲張り編。。。
「出雲&四国のお宝発掘ツアー」です。(汗)
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-04-19 07:04 | 蔵元放浪記
六十数年の長きにわたり
ずっと素晴らしい酒を造り続けてくれた・・・
偉大な南部杜氏が今日で引退されます。

平成12BY酒より川西屋酒造店で腕を奮い、
金賞受賞酒を含め、数多くの素晴らしい酒で
愛飲家の舌を唸らせてきた、川上 修 杜氏。
e0202150_1827046.jpg

私も杜氏さんの造る酒が大好きでした。
丹沢山 隆シリーズ・丹沢の華・丹沢山たれ口の酒etc・・・素晴らしい原酒の数々。
そしてそのお酒で沢山のお客様と出会うことができ、
お客様の「旨い!」という笑顔を見る度に・・・
酒屋冥利に尽きる感動を味わさせていただきました。

ありがとうございました。
お疲れ様でした!いつまでもお元気で・・・

春は・・・もうすぐそこまで。。。

[PR]
by sake_kishidaya | 2011-03-31 18:30 | 蔵元放浪記
続きより・・・
川西屋酒造店へは真夜中2時15分着。
時間タップリあります。朝まで!
川西屋さんの駐車場を借りて、スズキ軽自動車WAGONで一人車中泊。。。

朝方5時過ぎより一段と冷え込む・・・
フロントガラスに打ち付ける雨、いつ頃から雪になるのか?
雪が積もったらこのノーマルタイヤじゃアウト。。。そんなこと思ってると、
次第に・・・雨音がシャリシャリと氷音?ひェ~まずいかも!!!
こんな時に限って、頭の中でレミオロメンの歌が寂しく何度も蘇る・・・
粉~雪 ねえ 心まで白く 染められたなら~♪ 
要注意。あれ見ろ路面!白くなったら。帰れません。。。(涙)
「寒ぶ~!!」
寒い、窮屈、足つる、疲れた、眠い、寒い、起きる、花粉症、鼻詰まり、苦しい、寒い・・・
腹減った、身体痛い、寒い、雪?、起きる、鼻詰まり、苦しい、寒い・・・悪循環を繰り返し・・・Zzz Zzz
なんとか8時過ぎの始業時間が近ずく・・・
そして「おはようござまーす!」の挨拶ととに、蔵人「お宝の番人」米山さん登場!!!
来た~!!!。・・・助かった・・・
米山さん御免、あの時<岸田屋さん早いっすねェ~何時に来られたんですか?>って聞かれた時、
2時半って言いましたが、・・・恥ずかしくって15分さばよんでました。
それから「丹沢山フリークは熱くて、朝まで待ってられずに来ちゃったんだよ♪」
なんて私言いましたね・・・
実は車に釣竿積んでました。おまけに寒くて待ちくたびれ、米山さんの携帯へ朝方救助TEL入れました。
只今、「電話にでることだできません・・・」って悲しい音声2度も聞かされました。(涙)
凍死するかと思った。懺悔
米山さんの顔が恵比寿さんに見えましたよ。トホホ。。。
 m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

心機一転 心機一転 心機一転 心機一転 心機一転 心機一転 心機一転 心機一転

そして「お早うございまーす!!。」の挨拶とともに
朝一の蔵へ突入
・・・
蔵内では上川修杜氏が気合いの入った良い顔で仕事中。
これから入魂の大吟醸を搾り始めるところです。
e0202150_18285665.jpg

お邪魔にならない様に注意しながら、きき酒用のモロミをタンクから2種注入。
モロミの状態が非常に良好です。黒隆のモロミなどはまさに上川杜氏「技の集大成」と言える出来!
そして上槽後のタンクからも2種類を追加・・・
e0202150_2113043.jpg

あの酒なら・・・あのお二人納得されると思います!!
e0202150_1840322.jpg

さらに米山さんが冷蔵庫から5種類ほどセレクト。いーね♪
e0202150_1842934.jpg

限られた短い時間の中ですが・・・
今期販売予定酒をきき酒させていただきました。感謝!
そして今年も素晴らしい酒を醸してくれた上川さんとツーショット!!
なんと今年で80歳!良い仕事人の顔してます。
でもなんで?
私のってるんですか?米山さん。なにか恨みでも?(笑)
e0202150_18495938.jpg

うまい酒をありがとうございます。感謝!

今回はまだ前半に造った仕込みのきき酒ということでチョっとだけの訪問。(もうすぐ雪のため)
数週間後にもう一度お邪魔するお約束をして
粉~雪・・・舞う横浜へ・・・
すでに東名横浜インター付近では路面がシャーベット状。
あと30分遅かったら(汗)。。。なんとか無事に帰れました。

今回の試飲酒から、店主イチオシの1本お持ち帰り!
そして当店でもうすぐ販売開始の雄町60生原酒(別誂え) 
e0202150_21392690.jpg

新酒・一年熟成酒の合わせ技 2本
川西屋酒造店の皆さま、ありがとうございました!
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-03-08 21:01 | 蔵元放浪記
この時期、地方の酒蔵さんまわりで忙しい中・・・
忙しければ忙しいほど思うことが・・・
釣りに行きたい!!つりに行き鯛!!つりにいきた~い!!
・・・ということで新潟へつりにいってきました。家族公認??の・・・















純米大吟醸生原酒の袋吊り!!(涙)

かれこれ十年以上、毎年お世話になっております
新潟の妙高酒造さんへ今年もお酒を搾りに行って参りました。
e0202150_1419784.jpg

昨年猛暑の影響で酒米が非常に割れやすい・・・と各蔵元さん達は口を揃えて。
今期は例年以上に良い麹造りの出来不出来が運命の分かれ道に・・・
原料処理の大切さを改めて感じます。そしてその一翼を担う自家精米機。
e0202150_14194275.jpg

今年の酒、出来具合はいかに・・・
e0202150_1420108.jpg

魚釣り袋吊りは・・・
もろみの入った酒袋を吊り、そこからポタポタと滴る雫酒を斗瓶に囲う・・・
とても手間暇の掛る作業で、鑑評会出品酒などを搾る時に用いられます。
極寒の中、朝日を浴び輝く雫の酒は幻想的ですらあります。
e0202150_14204258.jpg

雫取り後は酒袋を搾槽へ移動し、中取りのため槽内で積み上げ作業。
酒袋から中身が出ない様、瞬時に空気を抜き端を折り返しながら整然と並べ積み上げる。
流れるような一連の動作が槽搾りに必要不可欠な技です。
e0202150_14211483.jpg

準備完了、荒走り→中取り→責めの順で酒がゆっくり搾り出されます。
最初に搾られる荒走りはとてもフレッシュな香味で力強い味わいです。
その後、搾り出る中取りはとてもまろやかな味わい豊かな部分です。
そして最後の責めは、荷重をかけて搾られる、アルコール度数の高い少々雑未が混じる部分です。
e0202150_1422870.jpg

お酒の雫取り・中取りの合間に平田杜氏の熱い醸造秘話を・・・
その後、今年の新酒を4種類ほどきき酒。(本醸造生原酒・純米生原酒・大吟醸2品)
e0202150_134158.jpg

私達が搾った雫酒もきき酒させていただきましたが、やはりこれが一番旨い!!
さすが平田杜氏、今年も素晴らしい純米大吟醸を醸していただきました。

店主が毎年搾る・・・
妙高酒造 越乃雪月花 純米大吟醸生原酒>>以前の様子>>
検索

妙高酒造の皆さま、今年も大変お世話になりました。
皆さまのおかげで今年も自分たちの手で純米大吟醸の雫取り・中取り作業を
無事に終えることができました。
皆さまのご協力に心から感謝申し上げます。

越乃雪月花 純米大吟醸生原酒 雫酒&
越乃雪月花 純米大吟醸生原酒 中取り
は、
私達が望むバランスよく上品で穏やかな香り、豊かな味わいの純米大吟醸酒を知りつくす・・・
平田杜氏にご無理を言って、タンク1本特別に醸していただいたオリジナル別誂え酒
鑑評会出品酒同様に、丁寧な袋吊りと中取りにて搾ったお酒です。
大切なお客様の「旨い!」という笑顔のために・・・
店主が一生懸命にお酒を搾ってまいりました。
e0202150_16135744.jpg

どやっ?と唸る渾身の1本。ご期待下さい!!
今度こそ釣りに・・・
家内のだれかの顔が引きつってますが何か?
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-02-26 22:53 | 蔵元放浪記