ブログトップ

岸田屋★小酒屋どぶろく記

kishidaya.exblog.jp

いつまでたっても半人前。極めたし酒の道・・・

タグ:蔵元放浪記 ( 14 ) タグの人気記事

讃岐と言えば・・・2013
讃岐の名酒悦凱陣(丸尾本店)さんへの蔵訪問の際、
いつもお邪魔させていただく、高松のふくしま屋さん

お酒屋さんながら料理の腕もプロ級の巨匠!
魚釣り、野菜造りなど趣味も多彩…とは聞いてましたが、
今年はこんなご趣味を拝見することに・・・
e0202150_13315841.jpg

讃岐漆芸を代表する漆芸家、豊澤英之先生
作品の数々です。
e0202150_13331525.jpg

酒器の話から…瓢箪から駒。
今回は巨匠の顔で豊澤先生のご自宅へ
いきなりの訪問。思い立ったら「即」じっとしていられない巨匠たち。(笑)
e0202150_1334865.jpg

巨匠と先生とは20年以上にわたりおつき合い
されており、なんと釣り好きと判明。(嬉)
とっても温厚な方です。息子さんも後を継ぎ…
e0202150_13354754.jpg

こんな貴重で高価な讃岐漆器で…
ちょっと緊張。飲み終わると素晴らしい「乱彩」模様が。
美味しいコーヒーご馳走さまでした。!
e0202150_13361896.jpg

どれも凄い作品、素晴らしい!!
日展にも出品され、何回も入選されているそうです。
この豊澤英之先生の作品を
ふくしま屋さん、どっさりと。(笑)
e0202150_13403243.jpg

e0202150_13383011.jpg

この屏風、お友達価格でもウン百万円。
今お借りして毎日眺めていられるとか…
一本いっとく??
さすが巨匠。

うどんだけじゃな~い。讃岐!
讃岐の名物、また一つ発見!感謝


































.
[PR]
by sake_kishidaya | 2013-05-26 08:25 | 蔵元放浪記
讃岐といえば・・・2013その壱からの続き・・・
e0202150_23222547.jpg

シャコの爪もいいね。
e0202150_23313860.jpg

このお店では珍しいお酒も一緒に。
e0202150_2339425.jpg

サクラマス酒蒸しは・・・
優しい味わいと驚きの旨み。やられました。!!
e0202150_23485448.jpg

寿司 中川の鉄板メニュー!
蒸しアワビの肝ソース和え。
アワビが柔らかくて濃厚な肝ソースとの相性抜群!
e0202150_02396.jpg
 
赤酢のシャリを一貫まぜて・・・
数々の有名人も絶賛!
中川名物「アワビのシャリ ゾット」の完成です。
アワビを思い出す~この店に来るたび~♪山手のドルフィンか?
ユーミンも感動!★★★です。!!(笑)
e0202150_892535.jpg

ここで18BY興そして心に残る14BY山廃讃州雄町登場!
絶妙な燗で酒が蘇ります。一燗入魂。
e0202150_082866.jpg

これぞ酒の肴、瀬戸内のバチコ。
三味線のバチに似ているからこの名が付いたとか・・・
肴も酒も良い感じ。
見よ無ろ過生原酒、常温熟成の証!
e0202150_0158100.jpg

疲れを癒してくれる10年熟成酒。
ぬる燗が身体に染み入る美味しさ。
e0202150_0535160.jpg

アレ?少し食べちゃったかも・・・
カレイのえんがわ、酒が旨みを増幅します。
e0202150_174339.jpg

恐るべし観音寺の赤貝。最高です。
e0202150_111434.jpg

繊細な味わいのサヨリ。
e0202150_1124423.jpg

今が旬、瀬戸内の桜鯛。
e0202150_18123563.jpg

お酒がすすむ、みる貝、試してみるかい?
しょ~も無いギャグ・・・酔ったかも?一人つぶやく。

e0202150_1824275.jpg

中トロを塩で・・・ピンボケm(_ _)mやっぱり酔ってます。(汗)
e0202150_18263048.jpg

シャリにワサビを入れただけ・・・
さっぱりと涙巻き。画像の焦点が合いません。(涙)
e0202150_18284414.jpg

おっとこれは食べとかなきゃ。
上方日本酒ワールドでも絶賛。
中川名物!讃岐和三盆の玉子焼・・・
優しい甘みと、しっとりきめ細かな玉子。
お酒の後の赤だしがほっとさせてくれます。
e0202150_18535346.jpg

いよいよデザートの準備です。
悦凱陣 純米吟醸 讃州山田錦が登場!
それも14BYのしずく酒です。
e0202150_1902540.jpg

貴重なお酒を・・・
アイスクリームにかけて。
いっただきま~す。♪
至福の悦び!
e0202150_21342017.jpg

美味しい寿司、ご馳走様です。
貴重なお酒もありがとう!
瀬戸内の海の幸を堪能させていただき、
感謝!!
うるさい旨いものに目が無いお客様のお相手、
お疲れ様でした。けっして立ったまま寝てる?のではありません。
店主の中川さん、疲労困憊。(汗)
なぜでしょう??
   ↓↓↓

e0202150_21344339.jpg

今回は横浜からこのメンバーでお邪魔致しました。
集合写真なのに「食」のひらめき?
食べる時、飲む時以外は・・・
じっとしていられない巨匠。
ここでもか!(笑)
なんとも個性的な人達。。。(一人を除く)
ご一緒させていただき、ありがとうございました。


今回もお酒と寿司の合わせ技、
チーム横浜で勉強させていただきました。感謝


































[PR]
by sake_kishidaya | 2013-05-14 00:02 | 蔵元放浪記
e0202150_18584123.jpg

四恩醸造の葡萄畑なう。
今日の作業は、誘引です。@家内

ところで誘引って・・・なに?(笑)
ぶどうの枝は、そのまま放っておくと好き放題にあちらこちらへ伸びていってしまいます。
ぶどうの葉はご覧のとおり大きいですし、自然のままではうまく陽に当たらない枝葉も出現してしまいます。
そこで、どの枝にも均一に陽が当たるよう、枝を優しく折り曲げ、ワイヤーなどでくくりつけます。
この作業のことを「誘引(ゆういん)」と呼びます。
なるほど・・・
情熱のワイン造りは先ず畑作りからですね。053.gif
小林さん。今年もセンス良い、美味しいワイン造ってください!

陽の当たる・・・か。。。
そのような場所には縁がございません。(涙)
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-06-24 13:58 | 蔵元放浪記
高松空港到着後、凱陣醸造元丸尾本店の丸尾さんと一緒に・・・
そのまんま  西へ??神々が舞い降りる出雲へ3名でドライブなう。
e0202150_17121090.jpg

丸尾さんの愛車マツダ アテンザ 6速ミッションで高速クルージング。
6速車なんて初めて乗りましたけど・・・高速でも安定感があってとっても快適!
ナビはヨーロッパの道を知りつくすほど車好きの丸尾さん、
ドライバーは巷で「ロータスの狼」と呼ばれるAさんの豪華ペア。
私はオートマチック限定免許&落葉マーク運転者(笑)のため後部座席で監督 見学。
e0202150_10594958.jpg

写真は米子自動車道蒜山サービスエリアにて(雪景色の大山)
四季それぞれが美しく魅力的な蒜山高原は西の軽井沢とも呼ばれ、
美しい大山や蒜山三座(上蒜山・中蒜山・下蒜山)を一望できます。

目指すは???アサヒのあたる蔵!
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-04-19 10:59 | 蔵元放浪記
六十数年の長きにわたり
ずっと素晴らしい酒を造り続けてくれた・・・
偉大な南部杜氏が今日で引退されます。

平成12BY酒より川西屋酒造店で腕を奮い、
金賞受賞酒を含め、数多くの素晴らしい酒で
愛飲家の舌を唸らせてきた、川上 修 杜氏。
e0202150_1827046.jpg

私も杜氏さんの造る酒が大好きでした。
丹沢山 隆シリーズ・丹沢の華・丹沢山たれ口の酒etc・・・素晴らしい原酒の数々。
そしてそのお酒で沢山のお客様と出会うことができ、
お客様の「旨い!」という笑顔を見る度に・・・
酒屋冥利に尽きる感動を味わさせていただきました。

ありがとうございました。
お疲れ様でした!いつまでもお元気で・・・

春は・・・もうすぐそこまで。。。

[PR]
by sake_kishidaya | 2011-03-31 18:30 | 蔵元放浪記
続きより・・・
川西屋酒造店へは真夜中2時15分着。
時間タップリあります。朝まで!
川西屋さんの駐車場を借りて、スズキ軽自動車WAGONで一人車中泊。。。

朝方5時過ぎより一段と冷え込む・・・
フロントガラスに打ち付ける雨、いつ頃から雪になるのか?
雪が積もったらこのノーマルタイヤじゃアウト。。。そんなこと思ってると、
次第に・・・雨音がシャリシャリと氷音?ひェ~まずいかも!!!
こんな時に限って、頭の中でレミオロメンの歌が寂しく何度も蘇る・・・
粉~雪 ねえ 心まで白く 染められたなら~♪ 
要注意。あれ見ろ路面!白くなったら。帰れません。。。(涙)
「寒ぶ~!!」
寒い、窮屈、足つる、疲れた、眠い、寒い、起きる、花粉症、鼻詰まり、苦しい、寒い・・・
腹減った、身体痛い、寒い、雪?、起きる、鼻詰まり、苦しい、寒い・・・悪循環を繰り返し・・・Zzz Zzz
なんとか8時過ぎの始業時間が近ずく・・・
そして「おはようござまーす!」の挨拶ととに、蔵人「お宝の番人」米山さん登場!!!
来た~!!!。・・・助かった・・・
米山さん御免、あの時<岸田屋さん早いっすねェ~何時に来られたんですか?>って聞かれた時、
2時半って言いましたが、・・・恥ずかしくって15分さばよんでました。
それから「丹沢山フリークは熱くて、朝まで待ってられずに来ちゃったんだよ♪」
なんて私言いましたね・・・
実は車に釣竿積んでました。おまけに寒くて待ちくたびれ、米山さんの携帯へ朝方救助TEL入れました。
只今、「電話にでることだできません・・・」って悲しい音声2度も聞かされました。(涙)
凍死するかと思った。懺悔
米山さんの顔が恵比寿さんに見えましたよ。トホホ。。。
 m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

心機一転 心機一転 心機一転 心機一転 心機一転 心機一転 心機一転 心機一転

そして「お早うございまーす!!。」の挨拶とともに
朝一の蔵へ突入
・・・
蔵内では上川修杜氏が気合いの入った良い顔で仕事中。
これから入魂の大吟醸を搾り始めるところです。
e0202150_18285665.jpg

お邪魔にならない様に注意しながら、きき酒用のモロミをタンクから2種注入。
モロミの状態が非常に良好です。黒隆のモロミなどはまさに上川杜氏「技の集大成」と言える出来!
そして上槽後のタンクからも2種類を追加・・・
e0202150_2113043.jpg

あの酒なら・・・あのお二人納得されると思います!!
e0202150_1840322.jpg

さらに米山さんが冷蔵庫から5種類ほどセレクト。いーね♪
e0202150_1842934.jpg

限られた短い時間の中ですが・・・
今期販売予定酒をきき酒させていただきました。感謝!
そして今年も素晴らしい酒を醸してくれた上川さんとツーショット!!
なんと今年で80歳!良い仕事人の顔してます。
でもなんで?
私のってるんですか?米山さん。なにか恨みでも?(笑)
e0202150_18495938.jpg

うまい酒をありがとうございます。感謝!

今回はまだ前半に造った仕込みのきき酒ということでチョっとだけの訪問。(もうすぐ雪のため)
数週間後にもう一度お邪魔するお約束をして
粉~雪・・・舞う横浜へ・・・
すでに東名横浜インター付近では路面がシャーベット状。
あと30分遅かったら(汗)。。。なんとか無事に帰れました。

今回の試飲酒から、店主イチオシの1本お持ち帰り!
そして当店でもうすぐ販売開始の雄町60生原酒(別誂え) 
e0202150_21392690.jpg

新酒・一年熟成酒の合わせ技 2本
川西屋酒造店の皆さま、ありがとうございました!
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-03-08 21:01 | 蔵元放浪記
3月6日夜、仕事が終わってなぜかYahoo!天気予報を確認。。。
横浜は明日3月7日は午前9:00頃から雪模様・・・
小田原も明日3月7日は午前9:00頃から雪模様・・・
エ~ッ雪降るの~??
これはマズイです。絶対に!!
明日は川西屋酒造店さんへ・・・気になるお酒のテイスティングに行く予定・・・
どうしよう??朝一番に行って雪の降り出す9時までに蔵を出て東名高速で直帰??
という事は早朝6時には出発しないと間に合わない??・・・

そんな時、携帯電話が鳴る♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
画面を指でスライドタッチ?♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪携帯電話、新しくしたら電話出れないんですけど♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪(汗)(汗)(汗)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鳴りやむ。。。

そしてまた携帯電話が鳴る♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
画面を指でスライドタッチ?♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪どこがスマート?なんじゃコリャ~?♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)切れた。

これでもか!!!と必要に携帯電話が鳴る♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
画面を指でスライドタッチ!!!?♪♪♪♪♪♪♪♪♪
画面を指でスライドタッチ!!!(怒)♪♪♪♪♪♪♪♪♪
画面を手のひらチョップ!!!(チョップ?)♪♪♪♪♪♪♪♪♪出た♪
「ごめんね運転中だったから♪♪♪」(汗)
「なに?今小田原の先の磯?釣り?イカ狙い?3人?」
フンフン・・・<人が大勢で場所が無い>・・・フンフン<なんか釣れてるみたい?>
フンフン・・・「そこは夜中12時過ぎまで待ってても場所空かないから・・・」
フンフン・・・「雨降ってないのそっちは?でも明日朝は雪マークだよ。そこも!」
フンフン・・・「エッ?意外と暖かいの?そっち?」<ここは降らないんじゃないですかね~??>
「オレはマズイよ明日は朝一で酒蔵だから!」<その酒蔵ここから近いんですけど。>
<取り合えず待ってますから!プチッ>悪魔の囁き。
プー・プー・プー・プー・プー・プー・プー・・・・・プププ・・・・・
ぷぷぷ(笑)確かに・・・夜なら・・・そこから蔵まで20分?近いかも?ぷぷぷ(笑)
気がつくと一人妄想を膨らませ、海へ向かって車走らせてますけど何か?。(汗)
近い!!釣れちゃう?(笑)
近い!!釣れちゃう?(笑)
近い!!釣れちゃう?(笑)阿呆。
阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆 阿呆
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
なァ~んて夢のようなことは一切無く、
地元釣り馬鹿仲間3名と待ち合わせ場所で合流し、実釣開始!
もうすぐ雪が降りだすほど、極寒の真夜中じゃ魚やイカだって寝てますから・・・
真っ暗闇の中、キャスティング練習するかの如く・・・
ルアーを海の彼方目掛け、
e0202150_1245612.jpg

打つべし 打つべし 打つべし
気がつくと大雨で終了&.全員撤収!
実釣90分・・・・危うく人生まで海の彼方へキャストするところ・・・燃え尽きました。
そして釣り馬鹿仲間3名は帰って行きました。
小田原厚木道路をブッ飛ばして・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・し~ん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・なんで私一人でこんなとこに居るんでしょうか?・・・
・・・あれほど雨の日は釣りに行かないって・・・約束しなかったかな??・・・
・・・雪の日の約束はまだ???・・・でもね・・・常識だよ。。。ジョウシキ!!
時間は真夜中の1時45分。。。
釣り場からとっても近い川西屋酒造店、
ゆっくり行っても2時15分に蔵前着。(汗)
時間タップリあります。朝まで!
川西屋さんの駐車場を借りて、スズキ軽自動車WAGONで一人車中泊。。。
「寒ぶ~!!」
「狭~い!!眠れない!!」
「ここで雪積もったら?チェーン無いけど?どうする?」
寒い、窮屈、足吊る、疲れた、眠い、寒い、起きる、花粉症、鼻詰まり、苦しい、寒い・・・
腹減った、身体痛い、寒い、雪?、起きる、鼻詰まり、苦しい、寒い・・・
そして朝まで続く(馬鹿)

続きはこちら>>
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-03-08 20:59 | 遊道入門
この時期、地方の酒蔵さんまわりで忙しい中・・・
忙しければ忙しいほど思うことが・・・
釣りに行きたい!!つりに行き鯛!!つりにいきた~い!!
・・・ということで新潟へつりにいってきました。家族公認??の・・・















純米大吟醸生原酒の袋吊り!!(涙)

かれこれ十年以上、毎年お世話になっております
新潟の妙高酒造さんへ今年もお酒を搾りに行って参りました。
e0202150_1419784.jpg

昨年猛暑の影響で酒米が非常に割れやすい・・・と各蔵元さん達は口を揃えて。
今期は例年以上に良い麹造りの出来不出来が運命の分かれ道に・・・
原料処理の大切さを改めて感じます。そしてその一翼を担う自家精米機。
e0202150_14194275.jpg

今年の酒、出来具合はいかに・・・
e0202150_1420108.jpg

魚釣り袋吊りは・・・
もろみの入った酒袋を吊り、そこからポタポタと滴る雫酒を斗瓶に囲う・・・
とても手間暇の掛る作業で、鑑評会出品酒などを搾る時に用いられます。
極寒の中、朝日を浴び輝く雫の酒は幻想的ですらあります。
e0202150_14204258.jpg

雫取り後は酒袋を搾槽へ移動し、中取りのため槽内で積み上げ作業。
酒袋から中身が出ない様、瞬時に空気を抜き端を折り返しながら整然と並べ積み上げる。
流れるような一連の動作が槽搾りに必要不可欠な技です。
e0202150_14211483.jpg

準備完了、荒走り→中取り→責めの順で酒がゆっくり搾り出されます。
最初に搾られる荒走りはとてもフレッシュな香味で力強い味わいです。
その後、搾り出る中取りはとてもまろやかな味わい豊かな部分です。
そして最後の責めは、荷重をかけて搾られる、アルコール度数の高い少々雑未が混じる部分です。
e0202150_1422870.jpg

お酒の雫取り・中取りの合間に平田杜氏の熱い醸造秘話を・・・
その後、今年の新酒を4種類ほどきき酒。(本醸造生原酒・純米生原酒・大吟醸2品)
e0202150_134158.jpg

私達が搾った雫酒もきき酒させていただきましたが、やはりこれが一番旨い!!
さすが平田杜氏、今年も素晴らしい純米大吟醸を醸していただきました。

店主が毎年搾る・・・
妙高酒造 越乃雪月花 純米大吟醸生原酒>>以前の様子>>
検索

妙高酒造の皆さま、今年も大変お世話になりました。
皆さまのおかげで今年も自分たちの手で純米大吟醸の雫取り・中取り作業を
無事に終えることができました。
皆さまのご協力に心から感謝申し上げます。

越乃雪月花 純米大吟醸生原酒 雫酒&
越乃雪月花 純米大吟醸生原酒 中取り
は、
私達が望むバランスよく上品で穏やかな香り、豊かな味わいの純米大吟醸酒を知りつくす・・・
平田杜氏にご無理を言って、タンク1本特別に醸していただいたオリジナル別誂え酒
鑑評会出品酒同様に、丁寧な袋吊りと中取りにて搾ったお酒です。
大切なお客様の「旨い!」という笑顔のために・・・
店主が一生懸命にお酒を搾ってまいりました。
e0202150_16135744.jpg

どやっ?と唸る渾身の1本。ご期待下さい!!
今度こそ釣りに・・・
家内のだれかの顔が引きつってますが何か?
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-02-26 22:53 | 蔵元放浪記
菊姫に到着後、菊姫酒マイスター生産部製造課の松本さんに
平成蔵、昭和蔵、精米&貯蔵庫と焼酎工場を案内していただく。。。
e0202150_13419100.jpg

爽やかな香りが漂う、醗酵中のモロミ。この中で微生物による神秘的な醗酵が行われます。
e0202150_22103314.jpg

これが菊姫名物100番タンク!(写真は塗り替え前の懐かしい旧画像)
e0202150_13151475.jpg

100番タンク前で気合いが入った米の浸漬作業に遭遇!!
蔵人のみなさん、秒単位の仕事にチームワーク良く真剣に取り組んでます。
e0202150_22113920.jpg

そして菊姫の秘蔵酒が眠る巨大貯蔵庫へ・・・(写真は別時期撮影)
e0202150_11183870.jpg

e0202150_13291340.jpg

これは最高級山田錦で造られる菊姫の米焼酎「加州剣」や「加賀の露」を蒸留するポットスチル。
e0202150_2212206.jpg

焼酎造りのエキスパート、酒マイスター生産部製造課 井出さんにも詳しい説明を・・・
e0202150_16212225.jpg

日本一の山田錦を原料に造られる・・・菊姫入魂の米焼酎「加州剣かしゅうつるぎ」
常圧しろもの・樽貯蔵&減圧しろもの・樽貯蔵の各ヴィンテージを熟成後、
4種類それぞれ個性の異なる焼酎を熟度を見極め、絶妙にブレンドする技術も流石です。
e0202150_133334100.jpg

加賀菊酒本舗「菊姫」
世界品質の銘酒を造りだす、日本屈指の酒蔵です。!!

菊姫の皆さま、大変お世話になりました。
今年もまた一つ心の中に「菊姫」の素晴らしさを刻むことができました。
不器用な酒屋ですが・・・
本物の日本酒の美味しさ、素晴らしさ、そして蔵人の熱い想いを
より多くのお客様にしっかりとお伝えし、お喜び頂けますよう精進致します。
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-02-17 13:41 | 蔵元放浪記
ご縁があって葡萄の摘果や収穫のお手伝いをさせていただきました、四恩醸造さんから
待望のワイン3種が入荷いたしました。
四恩醸造は、2007年に山梨県牧丘に設立された小さな新鋭ワイナリーです。
たった一人で栽培と醸造を担う小林剛士さんのワインは、
もっと自由に!もっと素敵に!ワインのある生活を楽しんでいただきたい…
というメッセージが込められている様に思います。
e0202150_20445168.jpg

初夏の葡萄摘果、そして秋の収穫をお手伝い!
e0202150_21212648.jpg

見よ!このピッカピッカの発酵タンク!!
e0202150_21232586.jpg

四恩醸造情熱の醸造責任者、ワイルドな風貌の小林 剛士さん。
e0202150_21241685.jpg

圧搾機から搾られる…魅惑の液体。
e0202150_21245222.jpg

搾りたての巨峰ジュースをサービスする小林さん。
収穫のお手伝いをしたこの巨峰がどんなワインになるか?とっても楽しみです。
e0202150_21303729.jpg

初夏にも甘美なジュースをご馳走に・・・。
e0202150_21322491.jpg

そして花のラベルも美しい。待望の窓辺の橙(白ワイン)・窓辺の赤(赤ワイン)
風景ラベルの甘美で贅沢な味わいのデザートワイン仄仄(ほのぼの)入荷!!
e0202150_21325723.jpge0202150_21333549.jpg









造り手の意図が明確に表れた、数少ない本物のテーブルワイン。
シオンワイナリー
貴方のテーブルワインはここに・・・只今入荷!
[PR]
by sake_kishidaya | 2010-10-28 20:44 | 蔵元放浪記