ブログトップ

岸田屋★小酒屋どぶろく記

kishidaya.exblog.jp

いつまでたっても半人前。極めたし酒の道・・・

つりに・・・in新潟!

この時期、地方の酒蔵さんまわりで忙しい中・・・
忙しければ忙しいほど思うことが・・・
釣りに行きたい!!つりに行き鯛!!つりにいきた~い!!
・・・ということで新潟へつりにいってきました。家族公認??の・・・















純米大吟醸生原酒の袋吊り!!(涙)

かれこれ十年以上、毎年お世話になっております
新潟の妙高酒造さんへ今年もお酒を搾りに行って参りました。
e0202150_1419784.jpg

昨年猛暑の影響で酒米が非常に割れやすい・・・と各蔵元さん達は口を揃えて。
今期は例年以上に良い麹造りの出来不出来が運命の分かれ道に・・・
原料処理の大切さを改めて感じます。そしてその一翼を担う自家精米機。
e0202150_14194275.jpg

今年の酒、出来具合はいかに・・・
e0202150_1420108.jpg

魚釣り袋吊りは・・・
もろみの入った酒袋を吊り、そこからポタポタと滴る雫酒を斗瓶に囲う・・・
とても手間暇の掛る作業で、鑑評会出品酒などを搾る時に用いられます。
極寒の中、朝日を浴び輝く雫の酒は幻想的ですらあります。
e0202150_14204258.jpg

雫取り後は酒袋を搾槽へ移動し、中取りのため槽内で積み上げ作業。
酒袋から中身が出ない様、瞬時に空気を抜き端を折り返しながら整然と並べ積み上げる。
流れるような一連の動作が槽搾りに必要不可欠な技です。
e0202150_14211483.jpg

準備完了、荒走り→中取り→責めの順で酒がゆっくり搾り出されます。
最初に搾られる荒走りはとてもフレッシュな香味で力強い味わいです。
その後、搾り出る中取りはとてもまろやかな味わい豊かな部分です。
そして最後の責めは、荷重をかけて搾られる、アルコール度数の高い少々雑未が混じる部分です。
e0202150_1422870.jpg

お酒の雫取り・中取りの合間に平田杜氏の熱い醸造秘話を・・・
その後、今年の新酒を4種類ほどきき酒。(本醸造生原酒・純米生原酒・大吟醸2品)
e0202150_134158.jpg

私達が搾った雫酒もきき酒させていただきましたが、やはりこれが一番旨い!!
さすが平田杜氏、今年も素晴らしい純米大吟醸を醸していただきました。

店主が毎年搾る・・・
妙高酒造 越乃雪月花 純米大吟醸生原酒>>以前の様子>>
検索

妙高酒造の皆さま、今年も大変お世話になりました。
皆さまのおかげで今年も自分たちの手で純米大吟醸の雫取り・中取り作業を
無事に終えることができました。
皆さまのご協力に心から感謝申し上げます。

越乃雪月花 純米大吟醸生原酒 雫酒&
越乃雪月花 純米大吟醸生原酒 中取り
は、
私達が望むバランスよく上品で穏やかな香り、豊かな味わいの純米大吟醸酒を知りつくす・・・
平田杜氏にご無理を言って、タンク1本特別に醸していただいたオリジナル別誂え酒
鑑評会出品酒同様に、丁寧な袋吊りと中取りにて搾ったお酒です。
大切なお客様の「旨い!」という笑顔のために・・・
店主が一生懸命にお酒を搾ってまいりました。
e0202150_16135744.jpg

どやっ?と唸る渾身の1本。ご期待下さい!!
今度こそ釣りに・・・
家内のだれかの顔が引きつってますが何か?
[PR]
by sake_kishidaya | 2011-02-26 22:53 | 蔵元放浪記